スタッフブログ

2013年12月のアーカイブ一覧

小規模宅地の特例の拡充

マイホームの敷地や事業を営んでいる宅地の評価額を80%減額できる「小規模宅地等の特例」の適用範囲が拡大されます。 (1)限度面積の拡大 被相続人等のマイホームの …

詳しく見る

知っておきたい相続税の申告実務(1)-相続税の申告が必要な人-

次のいずれかに該当する人は、相続税の申告が必要です。 1.相続又は遺贈によって財産を取得した人で、「遺産総額>基礎控除額」となる人 2.申告書の提出を必要とする …

詳しく見る

相続財産から控除できる葬式費用

相続人が負担した葬式費用は相続財産から差し引くことができます。ひとくちに相続財産といってもご質問のようにお通夜や告別式の費用のほか初七日や四十九日などにかかる費 …

詳しく見る

準確定申告の提出期限

ひかり相続税申告サポーターの岸本です。 今年もあとわずかとなり、個人で事業を営んでいる方や農業経営をされている方等は、1月 1日から12月31日までの1年間に生 …

詳しく見る

年末年始

ひかり相続税申告サポーターの谷です。 弊社では、相続対策が必要なお客様に、割安な料金で専門家のサポートを受けられる「ひかり相続倶楽部」という会員制度をご用意して …

詳しく見る

相続分と遺留分

相続が発生した場合に、遺言書が無い場合には、相続人全員で遺産分割協議を行い、話し合いによって誰が、何を、どれだけ相続するのかを決めます。 前にお話ししたとおり、 …

詳しく見る

税務署から送付されてきた「相続税についてのお尋ね」

「相続税についてのお尋ね」はきちんと回答すべきものと思われます。 人が亡くなると、その親族などは一週間以内に死亡届を市区町村に提出しなければならず、市区町村はこ …

詳しく見る

税制改正セミナーをしました

ひかり相続税申告サポーターの水口です。 3連休の土曜日、某銀行で「速報!平成26年度税制改正セミナー」をしました。 26年度の税制改正セミナーを行う事は4ヶ月以 …

詳しく見る

年末で証券優遇制度が廃止

 ひかり相続税申告サポーターの谷です。  来年1月の少額投資非課税制度(日本版ISA)開始に合わせ、株式の配当や売却益などに対する優遇税率(10%)「証券優遇税 …

詳しく見る

国外財産調書制度がスタート

ひかり相続税申告サポーターの谷です。  平成24年度の税制改正において、海外に5,000万円超の資産を持つ個人に提出義務を課す制度が創設されたのはご存じでしょう …

詳しく見る