スタッフブログ

2014年01月のアーカイブ一覧

生命保険と税金

被相続人が保険料を負担した生命保険金を相続人が受け取った場合には、みなし相続財産として相続税が課税されますが、相続人1人あたり500万円の非課税枠が設けられてい …

詳しく見る

法定相続人から外れる「内縁の妻」

 ひかり相続税申告サポーターの則貞です。    法定相続人になるのは誰か、というテーマでお話する場合に、決まって出てくるキーワードが「内縁の妻」。    婚姻届 …

詳しく見る

相続時精算課税

・相続時精算課税の仕組み 贈与税の課税方法には、暦年課税と相続時精算課税の2つがあります。贈与の目的によっては、一定の要件を満たすことによって相続時精算課税を選 …

詳しく見る

個人不動産業のポイント

ひかり相続税申告サポーターの水口です。 先日「不動産経営者のためのトクする確定申告のポイント」というセミナーをさせていただいたことを報告しましたが、掲題のとおり …

詳しく見る

教育資金の一括贈与の非課税制度

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、親や祖父母が30歳未満の子や孫の教育資金を一括して拠出した場合には、贈与税の基礎控除額(年間110万円) …

詳しく見る

自宅兼事務所の家賃、必要経費に認めず

ひかり相続税申告サポーターの則貞です。 確定申告シーズンがいよいよ到来しますが、ちょっと気になる判決です。 「自宅兼事務所の家賃、必要経費に認めず」  (東京地 …

詳しく見る

平成25年分確定申告

ひかり相続税申告サポーターの谷です。  平成25年分確定申告の時期が刻々と近づいてきました。  私たちの事務所でも2月からは確定申告モードに突入しますので、忙し …

詳しく見る

居住用の宅地に8割減額が使えるパターン

マイホームや事業用の宅地は生活に欠かせない土地ですので、マイホームであれば引き続き居住できるように、事業用の宅地であれば事業が継続できるようにと設けられた規定が …

詳しく見る

相続対策のよくある勘違い

ひかり相続税申告サポーターの谷です。 みなさん、住宅取得等資金の贈与税の非課税制度をご存知でしょうか? この制度は、子や孫が自宅を新築・取得などする場合に、住宅 …

詳しく見る

相続税の納付の特例 ~物納とは~

物納とは、相続した財産が土地や建物などの換金性の乏しいものばかりであったり、あまりにも相続税が高額である場合など、現金で一時に納付することはもちろん、延納の方法 …

詳しく見る