スタッフブログ

2014年02月のアーカイブ一覧

退職金と弔慰金

被相続人に支給されるべきであった退職手当金や功労金などを遺族が受け取った場合には「みなし相続財産」として相続税の対象となります。 この退職金等をだれが受け取った …

詳しく見る

相続調査がやってきた!

ひかり相続税申告サポーターの水口です。 相続税の申告とともに心配になるのが税務調査。 とくに相続税の調査割合は高く、国税庁の平成24事務年度の発表によると 被相 …

詳しく見る

平成26年度税制改正(案)のパンフレットを公表

 ひかり相続税申告サポーターの則貞です。    相続税がかかるから数億の借金をして賃貸マンションを建築する。  所得税が高いから資産管理会社を設立して、財産の名 …

詳しく見る

生命保険契約の契約者変更

ひかり相続税申告サポーターの谷です。  連日の寒波、各地における記録的な大雪により被害が続出しており、大手損害保険会社の保険金支払額が600億円規模に上るようで …

詳しく見る

相続対策セミナーをしました

ひかり相続税申告サポーターの水口です。 先週の日曜日に相続対策セミナ-&税務相談会を大阪の梅田でしました。 確定申告の最中ですので、相続セミナーへの関心は薄いか …

詳しく見る

介護関係の医療費控除は複雑怪奇??

 ひかり相続税申告サポーターの則貞です。     いよいよ来週の2月17日(月)から確定申告の受付期間がスタートします。    年に1度の確定申告ですので、納税 …

詳しく見る

贈与者が年の途中に死亡した場合の相続時精算課税の選択

1.通常の場合 初めて相続時精算課税を選択しようとする贈与を受けた方は、通常の場合、次のとおり申告することとなります。 ①提出期限 贈与を受けた年の翌年3月15 …

詳しく見る

生前贈与を活用した相続税対策

(その1)相続開始までに時間がある場合 年間110万円を孫6人に対して、10年間贈与する ⇒減額効果:110万円×6人×10年=6,600万円 贈与税額:  0 …

詳しく見る

二世帯住宅にお住まいの方は登記簿のご確認を

 ひかり相続税申告サポーターの則貞です。    来たるべき相続税の増税に備えて、まずはおさえておきたい相続税対策の検討ポイントは、もし相続が発生すると仮定した場 …

詳しく見る

相続税の基礎控除額引き下げはいつから?

ひかり相続税申告サポーターの谷です。  平成25年度の税制改正により、相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられるのは、皆さんご存じのことと思いますが、「いつの相続 …

詳しく見る