What's相続/相続発生後の手続き

株式の名義変更手続き

執筆:ひかり税理士法人

相続が発生しましたので、株式の名義書換えをする必要があります。どのような手続きが必要でしょうか。

1. 取引口座の引き継ぎはできません。

被相続人が証券会社に口座を開設して取引をしていた場合、相続人がそのまま取引口座を引き継ぐことは
できません。

相続人の取引口座に有価証券の移管を受けなければなりません。

なお、相続人が取引口座を持っていない場合は、新たに口座を開設して移管を受けることになります。

2. 上場株式の相続手続き

上場株式の相続手続きは、被相続人が取引をしていた証券会社に連絡を取り、送付された所定の相続手続き書類に必要事項を記入し、必要書類と共に提出します。

証券会社で書類確認ののち、相続人指定の口座に上場株式が移管されます。

① 被相続人が取引していた証券会社に連絡する

証券会社から下記の事項が確認されます。

  • 被相続人の氏名・住所・生年月日
  • 亡くなった日
  • 連絡している方の氏名・住所・電話番号
  • 被相続人との続柄
  • 銘柄名・株式数

※被相続人が保管していた株式関係書類などから確認してください。

 

② 証券会社より相続手続きに必要な書類が届く

証券会社により手続き書類の様式は異なりますので、各証券会社から送付される案内を参考に
記入してください。

 

③ 相続手続きに必要な書類を提出する。

  • 証券会社所定の相続手続き書類
  • 被相続人の出生から死亡まで連続した戸籍謄本 ※相続人全員を確認出来るもの
  • 相続人全員の印鑑登録証明書

※財産の分割、相続人の状況などにより必要書類は異なりますので、個別に確認してください。

 

④ 被相続人の上場株式が相続人の口座に移管される

証券会社が書類を確認し、不備・不足などがなければ、相続人の口座に移管されます。

その後、「完了のご案内」が郵送されますので、内容の確認をしてください。

3. 単元未満株式の相続手続き

単元未満株式とは、端株とも言われます。
主に株式分割や会社合併等で発生し、金融商品取引所では取り扱いできない1単元に満たない株式のことです。

単元未満株式は、市場では売買することができませんが、換金するために発行会社に対して買取請求することや、単元株になるように発行会社に対して買増請求することができます。

単元未満株式の相続手続きは、それぞれの銘柄の株主名簿管理人となっている信託銀行証券代行部や、証券代行会社で行います。

① 被相続人が所有していた銘柄の株式名簿管理人となっている信託銀行証券代行部などに連絡する

信託銀行証券代行部などから下記の事項が確認されます。

  • 被相続人の氏名・住所・生年月日
  • 亡くなった日
  • 連絡している方の氏名・住所・電話番号
  • 被相続人との続柄
  • 銘柄名・単元未満株式数

※被相続人が保管していた株式関係書類、定期的に送付される株主総会招集通知などから確認してください。なお、これらの書類に記載されている株式数が、単元株と単元未満株の合計株式数になっている場合がありますので、ご注意ください。

 

② 信託銀行証券代行部や証券代行会社から相続手続きに必要な書類が届く

証券銀行証券代行部や証券代行会社によって手続き書類の様式が異なりますので、送付される案内を参考に記入してください。

 

③ 相続手続きに必要な書類を提出する

  • 所定の相続手続き書類
  • 被相続人の出生から死亡まで連続した戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑登録証明書

※財産の分割、相続人の状況などにより必要書類は異なりますので、個別に確認してください。

 

④ 被相続人の単元未満株式が相続人の口座に移管される

信託銀行証券代行部や証券代行会社が書類を確認し、不備・不足などがなければ、相続人の口座に移管されます。その後、買取請求や買増請求をすることができます。

なお、相続人の口座に移管することなく、買取請求することも可能です。

管理する信託銀行証券代行部や証券代行会社に確認してください。

4. 非上場株式の相続手続き

非上場株式は取引する市場がないので、それぞれの株式会社で相続手続きする必要があります。

各株式会社ごとに行う手続きは異なりますので、直接お問い合わせください。

5. ご注意ください

株式の名義書換をしないままでいると、配当金の受取りなど、株主としての権利を行使することが
できません。
すみやかに株式の名義変更の手続きをしましょう。

コメントは受け付けていません。