相続Q&A - 相続税の申告期限までに遺産分割できない場合 -

母の死亡により、兄弟3人で相続することになりましたが、遺産分割が相続税の申告期限までにまとまりそうにありません。この場合の申告や納税はどうしたらいいですか?

【回答】

相続財産が相続税の基礎控除額を超える場合には、相続開始の日の翌日から10ヶ月以内に相続税の申告と納税が必要になります。

もし相続税の申告期限までに遺産分割協議がまとまらなくても、その分割できていない財産をそれぞれの相続人が「民法に規定する法定相続分」で仮に相続したものとして計算した相続税をこの申告期限までに申告し、同税額を申告期限までにいったん納めなければなりません。

遺産分割により相続する人が決まっていない財産については、「配偶者の税額軽減」や「小規模宅地の評価減」などの特例がうけられませんので、いったん相続税を多めに納めることになりますが、その後分割協議がまとまった場合には再度申告を行う事により納め過ぎた相続税の還付を受ける事ができます。
あとから相続税の還付を受けるためにも期限内申告書をきちんと提出し、「申告期限後3年以内の分割見込書」を添付しておきましょう。

(文責:ひかり相続税申告サポーター 水口)

コメントは受け付けていません。