相続Q&A - 内縁の妻に相続させたい場合 -

長年一緒に生活をしてきた女性がいますが、結婚はしておらず、いわゆる内縁の妻です。私が死亡した場合、彼女は私の相続人となりますか?

【回答】

相続においては法律上の婚姻関係にある妻が相続人となります。内縁の妻は法律が定める相続人となりません。内縁の妻には相続権がありません。

内縁の妻に財産を相続させたい場合は遺言書を作成しなければなりません。しかし、婚姻関係のある妻や子供がいる場合は、遺留分の減殺請求がなされる可能性があり、必ずしも遺言書通りに相続が出来ない場合もあります。

遺留分とは、相続人に保障されている相続財産の一定の割合のことです。遺言によって相続財産が自由に処分されることを制限しています。
相続人は、遺留分を侵害される遺言の効力を失効させる権利があります。この権利を行使することを減殺請求といいます。

遺言書を作成すること以外に、生前贈与をすることも可能ですが、生前贈与も遺留分の減殺請求の対象となるため、注意が必要です。

(文責:ひかり相続税申告サポーター 吉田)

コメントは受け付けていません。