相続Q&A - 団体信用生命保険や契約者貸付金の取扱い -

生命保険について質問です。主人が亡くなったのですが、次のような生命保険がありました。相続での取扱いを教えてください。
①住宅ローンについて団体信用生命保険に入っている場合
②死亡保険金から契約者貸付金が控除されていた場合

【回答】

①団体信用生命保険とは「団信」ともいわれますが、住宅ローンの返済途中にローン契約者が死亡したり、高度障害になった場合に支払われる生命保険で、生命保険会社が借入先にローンの残債を生命保険金で直接支払います。

つまり、相続が発生した時点では住宅ローンの残高があるため、債務控除の対象となりそうですが、同時に住宅ローンの残高の支払いが全額免除されますので、相続税の計算上、債務は無いということになります。

②契約者貸付金とは、生命保険の契約者が解約返戻金の範囲内で保険会社から借りることのできる制度をいいます。
この貸付金がある場合、死亡保険金額から貸付金を差し引いて支払われます。

被相続人が契約者である死亡保険金については、契約者貸付金を控除した後の保険金を相続により取得したものとみなし、保険会社からの借入金は無いものとして相続税額を計算することになります。

(文責:ひかり相続税申告サポーター 水口)

コメントは受け付けていません。