相続Q&A - 相続でトラブルになりやすいケースとは? -

相続トラブルで考えられるケースを教えて下さい。

【回答】

家庭裁判所に持ち込まれるケースで最も多い事案が「相続人間での遺産分割方法について」です。
①実子と養子 / 先妻の子と後妻の子 / 本妻の子と愛人の子
法定相続分に差はありません。しかし、本人の感情面では納得がいかない場合があります

②老後の面倒を誰が見ていたか / 残された親の面倒を誰が見るか
被相続人(死亡した者)の面倒を見ていた子供がより多くの相続分を主張する場合があります

③事業用財産が多く、事業の後継ぎに財産が偏る
分割困難な事業用資産(不動産・株式)を跡継ぎの子供に相続させる場合、他の相続人との調整が必要となります

④現預金以外で財産を相続する場合
不動産・株式・骨董品などを相続する場合、将来の値上がり期待が異なり、分割協議がまとまりにくくなります

(文責:ひかり相続税申告サポーター 吉田)

コメントは受け付けていません。