相続Q&A - 相続人がいない場合① -

わたしには相続人がいません。その場合の相続財産や相続税の取扱いはどのようになりますか? またあらかじめできることはありますか?

【回答】

その1 手続きについて
戸籍上に相続人がいない場合や相続人全員が相続放棄をしたため、結果的に相続人がいなくなった場合の手続きは次の流れになります。

①相続財産管理人の選任
利害関係人や検察官等の請求により家庭裁判所に相続財産管理人の選任を申し立てます。申立先は被相続人の最後の住所地の家庭裁判所になります。

②相続財産管理人を公告
家庭裁判所が、相続財産管理人が選任されたことを2ヶ月間公告し、相続人が名乗り出るのを待ちます。

③債権者や受遺者への清算
2ヶ月を経過したら、債権者や受遺者に対して権利を申し出るようさらに2ヶ月間公告し、債権者等が現れた場合、清算します。

④さらに6ヶ月まちます
この間に相続人が現れなかった場合、財産管理人の申立によりさらに6ヶ月以上公告して、相続人を捜します。

⑤相続人不存在が確定し、特別縁故者を受け付けます
それでも相続人が名乗り出なかった場合、相続人の不存在が確定し、「特別縁故者」の申し出を3ヶ月間、受け付けます。

⑥残った財産が国のものになります
財産管理人は法律にしたがって、債権者への清算や特別縁故者への財産分与の手続きをし、まだ残った財産が国庫に帰属します。

「特別縁故者」とはどのような人か?相続税の課税関係はどうなるのか? については次回お話ししますが、このように、相続人がいない場合の手続きは複雑で、時間もかかりますので、相続人がいない方については、ご自身の財産について誰に、何をあげたいのか遺言書を遺されることをお勧めします。

遺言書のご相談については、ひかり相続税申告サポーターまで。

(文責:ひかり相続税申告サポーター 水口)

コメントは受け付けていません。