相続Q&A - 土地の譲渡契約を締結したまま亡くなった場合 -

父は、土地の譲渡契約を締結し、手付金を300万円受け取ったまま死亡しました。その後、息子である私が土地の引き渡しとともに残金2,700万円を受け取ったのですが、この場合の相続税の取扱いはどうなりますか?

【回答】

お父様の相続により、あなたが取得した財産は、土地ではなく、その譲渡契約に基づく残代金請求権になりますので、未収入金2,700万円が相続財産に計上されます。

土地や建物の売買契約が締結され、最終引き渡しと残金決済前に相続が開始した場合には、次のような取扱いになります。

①売り主に相続が発生した場合
相続または遺贈により取得した財産は、その売買契約に基づく譲渡対価のうち、相続開始時点において、未収の金額になります。

②買い主に相続が発生した場合
相続または遺贈により取得した財産は、その売買契約に基づく不動産の引渡し請求権になりますので、その土地や建物が相続財産となる一方、購入対価の未払額が相続債務になります。
(文責:ひかり相続税申告サポーター 水口)

コメントは受け付けていません。